シンママぐらし。

シングルマザーの育児の話*子供の成長記録など

モラハラをされる人(被害者)の特徴

スポンサーリンク

 


いろんなサイトで、モラハラのチェックができると思いますが、こちらのサイトを参考にしてみました。

tanteinavi.com

 

 

モラハラ被害のチェックリスト

上記サイト(モラハラチェック!被害者・加害者の特徴と失敗しないモラハラ対策 | 離婚準備なう。)より引用させていただきます。

 

  1. 帰宅時間が近づくと緊張する
  2. 帰宅する車のエンジン音、ドアの開く音がが怖い
  3. 電話やメールがくると「絶対に対応しなくては」と思う
  4. 異なる意見を主張するのが怖い
  5. 配偶者の意見は絶対だと思う
  6. 一日機嫌よく過ごしてくれると安心する
  7. 普通のこと(何事もなく会話ができた等)でも幸せを感じる
  8. 幼い子どもよりも配偶者の機嫌を優先させてしまう
  9. 配偶者の許可がないと何事もできないと感じる
  10. 配偶者を待たせることを恐ろしく感じる
  11. 配偶者の意向に沿うことが自分にとっても良いことだと感じる
  12. 配偶者が一日家にいる休日が怖くて憂鬱
  13. 道徳的に間違っている場合でも、怖くて指摘できない

 

私が当てはまったもの

1.帰宅時間が近づくと緊張する

帰宅時間が近づくと憂鬱で仕方ありませんでした。帰宅する前にモラ夫から連絡が入るのですが、その通知音がなるだけでゾワゾワした気持ちになりました。

対して、朝出かけていった後は、清々しい気持ちになりました。

 

2.帰宅する車のエンジン音、ドアの開く音がが怖い

1.に関連しますが、車のエンジン音が独特だったので、帰ってきたのがわかると動悸がしました。別居する直前は、玄関が開くと胃がキリキリしました。

 

3.電話やメールがくると「絶対に対応しなくては」と思う

これも1.に関連しますが、帰る前にモラ夫から連絡があるのですが、その連絡に対応しないと、帰ってきてから「なぜ(電話に)出なかった?」とか「なぜ(ラインの)返信をしないの?」と言われます。なので、必然的に連絡には対応しなければなりませんでした。

 

4.異なる意見を主張するのが怖い

モラ夫に異なる意見を言っても、反論されるだけでした。ひどい時は怒られました。モラ夫は「俺(モラ夫)の意見は間違っていない」の精神です。

 

5.配偶者の意見は絶対だと思う

4.と同じですね。モラ夫の理にかなっていない意見でも絶対だと感覚が麻痺していました。

 

6.一日機嫌よく過ごしてくれると安心する

不機嫌にならないよう、常に気を遣っていました。不機嫌になると口をきかなくなったり、家を出て行ったらするので、手に負えません。

 

7.普通のこと(何事もなく会話ができた等)でも幸せを感じる

会話が成立すると、ホッとしました。モラ夫以外の人と話すと、会話ってこんなに楽なんだと感じました。

 

8.幼い子どもよりも配偶者の機嫌を優先させてしまう

子どもが泣かないように常に気を張っていました。(そんなの無理ですが)

泣いてうるさくすると、モラ夫から怒られるからです。子どもが騒がず、いい子でいることを願っていました。(そんなの無理ですが)

世間ではワンオペはキツイなんて話聞きますが、子供と2人きりの方が楽でした。

 

9.配偶者の許可がないと何事もできないと感じる

許可を得ずやると、「そんなの知らない、聞いてない」と怒られます。その場で怒られなくても、あとからグチグチ言われます。「あの時は〇〇だった」と責められます。

 

10.配偶者を待たせることを恐ろしく感じる

妊娠中、つわりが酷かったのですが、ゲーゲー吐いていたら、トイレの外から「まだなの?」と怒られました。それから待たせてはいけないと思うようになりました。

子どもが生まれてから、出かける前に準備に手間取っていると「まだなの?」と怒られました。(ちなみにモラ夫は、準備は一切手伝わない、出かける直前まで寝ている為)

 

11.配偶者の意向に沿うことが自分にとっても良いことだと感じる

5.と同じです。モラ夫の意向に沿っていれば、自分に被害が及ばないので、良いことだと思っていました。結局、私も自分のことしか考えてないのかな、自分を守るなんて自分が可愛いんですかね…

 

12.配偶者が一日家にいる休日が怖くて憂鬱

モラ夫の休みである週末がくるのが、本当に本当に本当に嫌でした。家にいてもゴロゴロ、3時間おきにお腹が空いたと言われ、暇になったら遊びに行くと連れ回され…お金も体力も精神も削がれました。

 

13.道徳的に間違っている場合でも、怖くて指摘できない

モラ夫は飲酒運転をしていました。それを注意したことがありました。「黙ってろ」と怒られました。飲酒運転は他人様にも迷惑をかけるし、なにより法を違反しているので、何度も注意しましたが、辞めませんでした。

自分の欲求を満たすことが最優先で、周りのことなんて考えません。

あまりにしつこく言ったためか、私の見てる前ではやらなくなりましたが、見ていないところでは平気でやっていました。

 

全部当てはまった

「私が当てはまったもの」なんて書きましたが、全部当てはまっていました。ドンマイ。