妊娠した(不快な表現もあると思います)

前回の日記であんなこと書いてたのに、妊娠しました。いま8週目です。まだまだどうなるか分からない時です。


正直、妊娠がわかった時、「終わった」と思いました。この人とずっと暮らしていかなければならないのかぁ…とうんざりしました。彼氏にもキツく当たりました。好きかどうかなんてわからなくなりました。むしろ嫌だったと思います。険悪な時期もありました。今はだいぶ落ち着いてきました。でも、この人とずっと暮らしていかなければならないのかぁ…という思いは消えません。


いちばん好きな人とは結婚できないって話をよく聞くけど本当にそれだなと思います。過去の思い出は美化されてるけど、過去のあの人のことが一番好きだった。


旦那さんになる彼のことは、いちばん好きではありません。


子供が授かったという事実は嬉しかった。できにくい体質と言われていたから。悩んでいるときはできないのに、どうでもいいときにあっさり訪れるんだ。


子供ができたことは私の責任でもある。だから逃げようとは思いません。むしろ自分の子供を見てみたいという気持ちは充分あります。この子を守っていかなければという気持ちもあります。


男の人は皆そうなのでしょうか…つわりが辛くても変わらぬ対応をします。ゲーゲー吐いてても、早く出かけるように促すし、今月末に控えていた友人の結婚式を欠席しようと思ってると伝えたら、式場で具合悪くなったら会場から出てればいいんだから行けと言われた。私はこの人とずっと暮らしていかなければいけないのか。


マリッジブルーってやつなんですか…

妊娠してるからホルモンバランスおかしくてこうなってるだけなんですか…



すべては自分のせい。

彼を選んだのも私。

こうなってしまったのも私のせいだ。


子供には何の罪もない。


早く子供欲しくてこうなることも望んでいたのに、このざま。

無計画は良くない。


責任を背負っていかなければなりません。



ひとりでいた時のほうが私は幸せでした。

彼氏とは…

付き合ってもうすぐ1ヶ月…なのに全然楽しくない。未だにこの人でいいのかって思いながら付き合ってる。

今までは自分の熱量100パーセントで始まる恋だった。付き合いたての頃は、この人のことすっごく好きだーって毎日毎日思ってた。なんの根拠もないのに。今はそれがない。年齢のせいもあるのだろう。

付き合うってなんだろう。ひとりでいる寂しさを埋めるもの?ひとりじゃないっていう安心感?彼氏がいなければいないで焦る。いたらいたで悩ましい。私としては、ひとりでいるよりはいいんだと思う。私としてはね。ひとりの時の焦りは半端ない。たまにどうでもいいってなるけど。

 

付き合ってても楽しくない。

 

会う度に性行為されるのも苦痛。毎回しなくちゃいけないんだろうか。今までの彼とは会う度したいって思ったけど今はない。なんでだろう。

 

この前の記事とは全くテンションが違くて、読んでくださってる方には申し訳ない。統一性がなくて。でもこれが私。気分屋な私。

 

付き合うってなんだろう。彼氏ってなんだろう。付き合ってもらえてるだけありがたいって思わないといけないのだろうか。

1ヶ月更新しなかった間に彼氏ができた話

こんにちは、1ヶ月以上ぶりです。タイトルの通り、更新していなかった間に彼氏ができました。1ヶ月前の私に言ってあげたい「もうすぐ彼氏できるよ」って。2ヶ月前の私は「先のことなんてわからない」って言っていた。

muu28.hateblo.jp

ホントそれな。出会う時は予期せず出会うし、なんかトントン拍子で進んでいってる今。なんやかんやでお相手とはディズニーランドまで一緒に行ってるし、相手の親にも既に会っている現状。2ヶ月前の私は的確なことをおっしゃっている。

 

 出会いのきっかけは「婚活パーティー」

出会いは婚活パーティーでした。 規模は100対100ぐらいのやや大きめなパーティーでした。それでもやっぱり男性のほうが多め。結婚前提で!っていう人ばかりでなく、友達探してます!みたいな人も結構いたと思う。(私には見分けがつかないが…)

まず行こうと思ったのが、パーティーの当日。今までは今週末にあるのを探して…みたいな感じでしたが、今回は「朝起きて今日することがない→どうしよう→婚活パーティーあるかな→スマホで検索→あ、なんか大規模なやつあるっぽい→まだ募集中だ→今まで少人数のやつしか行ったことなかったから行ってみよう」みたいなノリで参加してみました。

当日決めたので、着ていく服も悩む。ただわざわざ買うのもなぁと思い、手持ちのタートルネックのニットと膝丈スカートに落ち着く。

受付が18:30からだったのですが、実際始まったのは19:30くらいからで、早めに行っていた私は正直待ち疲れました。

いざパーティー開始。人数が多いため、まず男性が一言挨拶しながらぐるぐる女性の席を回るスタイル。100人近くいるから誰が良いとかさっぱりわからない。しかも挨拶だけだし。メモする用紙を最初に渡されたので、挨拶しつつ何番の人が良かったかメモをする。彼氏になった人の番号もあとから見たらちゃんと書いてありました。

その後フリータイムで3分間好きな女性と1対1で喋れま〜すの時間が始まる。内心、誰も来なかったらどうしよう…と焦る。万が一、女性の方に誰も来なかったら、スタッフが男性を勧めます的なアナウンスがあったけど、どうせなら選んできてもらいたいとかいう変な欲が出始める。トータルで5,6回程フリータイムがあったのですが、幸い全部男性がきてくれました。良かった良かった。

フリータイムの間に軽食の時間があるのですが、緊張しっぱなしなので喉を通らず…隣のお姉さんめちゃくちゃ食べてたけど、何あの余裕…でも隣のお姉さんにはフリータイムの時には誰もきてなかったな…とかなにげに横目で確認してる性格の悪い私。お姉さんごめんなさい。

フリータイムがあったり、軽食を食べたりしてるうちに1時間半ぐらい経ちました。フリータイム以外の接触は禁止とか言っておきながら、フリータイムじゃない時間にガッツリ話にくる人もいた。基本ゆるーいパーティーでした。

最後は婚活パーティーらしく、カップリング発表のお時間。私は今の彼と話していて楽しかったので、彼の番号を書きました。あれこれ省きましたが、無事彼とカップリングが成立しました〜!

パーティー後は、彼とお茶へ。その時も結構楽しくお話できたので、また会いましょうっていう流れで、帰ってきました。

次の日から、LINEしたり電話したりで、出会って一週間後にデート。その時に告白されて、付き合うことになりました〜。展開が早い。

今までの婚活パーティーでカップリング成立した人たちとは、なにかが違いました。うまく言えないのですが…話した感じとか、雰囲気とかが。最初に話した時から、友達に話すみたいに気軽に話せて、いい意味で楽でした。

 

婚活パーティーで出会うことについて

私の友人には、婚活パーティーで出会うことを馬鹿にする友人がいました。(過去形なのは、もう友人だと思っていないから(笑))でも婚活パーティーで出会うことって悪いことじゃないと思います。参加したこともないくせに、婚活パーティーを馬鹿にするのは変だと思います。出会いのかたちなんていろいろだし、婚活パーティーに行こうか迷っている人がいるなら一回参加してみてもいいと思います。命取られるわけでもないし←大げさ(笑)

運良くカップリングして、その後ダメでもまた参加すればいいし、婚活パーティーに参加すること自体に疲れたら休めばいいし。私も休んでたし。今回は久しぶりのパーティーで、気張らずに行けたのが功を奏したのかなと思います。

先述した通り、先のことなんてわからないから、1ヶ月後には別れているかもしれません(笑) それはそれで縁がなかったということで…

無理してカップリングした人と付き合う必要はないと思います。その時良いなと思った人を選んだだけですから。家帰ったら、なんか違うわって思うこともあると思います(笑)誰でも構わず付き合えばいいわけではなく、そう思わなかった人とうまくいけばいい話で…

とりあえず付き合ってみたいと思って、今回はお付き合いすることにしました。子供も欲しいし、こっちには時間がないからね!ダラダラしてられないのよ!彼も似たような考えでした。ちなみに彼はひとつ歳下で、結婚願望もそこそこあるようなので、うまくいけばいいです。彼氏できたからって最後に偉そうにすみません…

久しぶりの投稿で長くなってしまいました。たまには暗くない話題を提供できて良かったです。以上。

頑張ったから認められるとは限らない

今年のバレンタインは楽だった。彼氏がいると頑張ってチョコレート作るタイプの女だったので、ここ数年は頑張って作っていた。義務感。バレンタインのチョコは作るものっていう勝手な思い込み。今は美味しいチョコがたくさん売っているからそれを貰ったほうが嬉しいだろうけど、お菓子作れる女はポイント高いもんだと思い込んでた。今考えればしょうもない考え。お菓子作れるよりありもので料理できる人のほうが何倍もポイント高いわ。(←私は料理が苦手)そもそもポイントってなんだろう。

相手の気持ちを決めつける

頑張ってそういう女らしい(?)ことができれば、認められると思ってた。可愛いヤツ的な。彼に『自分(彼自身)は私の特別なんだ』って思ってもらいたかった。『私が特別だと思われたい』のではなく、彼にとって『自分(彼自身)は特別に思われてるんだ』って感じて欲しかった。

彼の思考を決めつけるなんて愚か。というか、『彼自身が自分は特別だ』って思わせるなんて、俺様を育ててるのは自分だって文章打ちながら今気づいた。アホか。私は何がしたかったんだろう。見返りが欲しかったのかな。特別だって思わせると同時に多少は認めて欲しかったのかな…

頑張ると無理するはイコールではない

お菓子作るのはまあまあ好きだけど、無理してたんだと思う。実際に今年は気持ちがとても楽だから。今年のバレンタインはバレンタインらしくなかった。母とのんびり温泉旅行してきた。(←この話もいずれ書きたい) バレンタインに重きを置いてるつもりは無かったけど、今までの私は頑張っていたんだなぁ。……って気づいた。

 

今日近所のお店で買ったチョコレートが美味しかった。それでバレンタインの出来事を思い出しただけの話。

 

おまけ

↓美味しかったチョコレートです。

フェレロ ロシェ T-8 (8粒×1個)

フェレロ ロシェ T-8 (8粒×1個)

 

 

 

占いサイトを見るのは自信がないから

一年前は今とは違う占いサイト(仮名:Aのサイト)を見てた。週間で更新される星座占い。今は別の占いサイト(仮名:Bのサイト)を見てる。

 

ただ安心したいだけ

一年前はAを信じていた。毎週更新されるのを楽しみにするくらい。Bのサイトを見つけて、こっちのほうが当たってると思ったら、毎週Bのサイトを見るようになっていた。一年前はAのサイトを信じていたのに。結局信じてしまえばなんだっていいんだろう。道しるべみたいなものが欲しいんだろう。私は私の人生をきっと生きていないから、目印が欲しい。(←昨日の話をひきづるやつ)

 

宗教と占いだけには気をつけたい

恋愛も仕事もなんかうまくいってなくて、なにを生きがいにしていいのか正直わからなくなってる。会社の人には言ってるんだ。『変な数珠とかつけだしたら止めてくださいね』って(笑)まぁ半分冗談だけど、のめり込んだら抜け出せなくなりそうなタイプだから。

 

毎週占いを見るのはやめよう

見たからって占い通りになるわけでもないし。それに囚われて動けなくなるまではいってないけど、占いを見た事によって、多少頭の片隅にはあるからね。

情報過多なこの時代。この事についても後日書けたらいいな。

富女子の話をはじめたら、自分の生き方の話になった

今朝「あさイチ」で「富女子(ふじょし)」というものが特集されていた。またワケのわからぬワードを流行らせるつもりだろうか。「富女子とは、若いうちから貯蓄や投資に熱心な女性」のことらしい。

あさイチに出ていた女性たちはたくましかった

今朝特集されてた29歳の女性は、給料より遥かに高い不労所得を得ていた。流し見していたので曖昧だが、確か給料は20万円台で、不労所得は90万円だったはず。

5年間で1000万円を貯めることを目標とするセミナーに通っている女性たちが映し出されていた。女性にとっては、結婚前の時期が一番貯蓄しやすいとのこと。参加していたある女性は、シングルマザーになる可能性もあるから、貯蓄をしておきたいというようなことを言っていた。シングルマザーの可能性を考えるなんて、最初から結婚しなければいいのにと思った。結婚したから離婚しないなんてことないから、考えておく必要もあるのかもしれないけど、そうなる可能性を考えたらそうなりそう。(←引き寄せの法則じゃないけどさ…)

それに比べて私は…

30歳になった私は、全然そういったことを考えてこなかった。不労所得なんてワード、今日はじめて知った←無知すぎる

成人してからなんとかなるさの精神でいくつかの仕事を転々としてきた。キャリアを積んでるわけでもないので、収入はこの10年で全然変わっていない。ボーナスなんてもらったこと無い。今朝テレビに映っていた同世代の女性たちは、私に比べて給料は遥かに多い。20万円の給料なんてもらったことがない。10万ちょっとの給料でこの10年近く生活をしている。実家にいた時は、貯金はもちろんできて、一度は100万円まで貯めた。(←それでも少ない方だと思う)そのお金で車を新しくした。その後ひとり暮らしをはじめて、今は貯金なんてほとんどできない。本当はもっとお金がほしい。収入のいい仕事をした方がいい。というか、したい。

お金だけじゃない、私は気づくのがいつも遅い

今朝映っていた女性が「私は体力がないので、いつまでも働けないから、不労所得を得る方法を学び、30歳までに不動産を持つと決めた」と言っていた。ほぼ同じ歳の彼女が気づけて、私はなぜ気づけない。

私が体力が無いほうだって気づけたのは、つい最近。30歳だし、みんなこんなもんだと思ってた。でも気づけば、私は人より体力がないみたい…どうやってみんな気づいた?私はすぐ疲れるのは頑張りが足りないからだと思っていた。頑張れば周りと同じようになれると思っていた。でも人それぞれ違うから、体力だって違う。私はいつも人と比べてたから、それに気づけていなかった。人と同じに私もなれるって思っていた。(人と比べていたら気づけそうなものだが、私は逆に比べたがゆえに、自分も同じようになれると思ったほうだった)でもなれない。人と同じにはなれない。私も彼女と一緒で、体力がないほうだ。だから彼女みたいな考えをもっと早くに気づかなくてはならなかったはず…

いつだってそうだ。四大に行かず、短大に行った。なんとなく決めた短大。あとから気づいた。大学の時って自分をいろいろ試せる時だって。だったら2年より4年のほうがきっと良かったはず…短大の頃の私は、ずっと引きこもりのようにアパートにいた。バイトに行くのも億劫。つまらないと思っていたから。それなら楽しめるかもって思えるものを試せばよかったのに、惰性でバイトしていた。就職だってなんとなく決めた。就活を頑張るのなんて一時なのに、その時くらい頑張ればよかったのに、やってみたいと思った職場にチャレンジしてみればよかったのに。恋愛だってそう。彼氏なんてそのうちできると思っていた。みんなできていたし、私だって時間が経てばできるって思っていた。でも違う。みんな努力してる。好きな人ができて付き合っても、ひとりでいた時間が長すぎて、寂しいとか感じないから、常に一緒にいるのが辛かった。ひとりでいたいと思うほうが多かった。きっと学生時代に誰かと付き合って、ずっと一緒にいたいって思う経験があったら、ここまでドライじゃなかったのかもしれない。・・・・・・あー全部タラレバな話。過去をこうすればよかったなんて無駄な話。これから頑張ればいいだけの話。

話はだいぶそれましたが…

お金はあったほうがいい。安心。もっとほしいって思っている。なのに勉強してない私。そりゃ私のもとにお金なんてやってこないわ。株とかFXとか、そういうのも全くわからない。いつまでも子供。幸か不幸か、お金に困らずやってこられた私は、必死さがないのかもしれない。将来もなんとかなるって。悩んでいるようで、なんとかなるって思ってるんだと思う。「〜だと思う」って言ってるのは、自分でも他人事だからそう言ってる。そういえば、口癖も「〜だと思う」「〜だと思って」とかそんな感じ。自分に自信がなく、責任を負いたくないからだろう。

きっと私は私の人生を生きてるようで生きていない。必死に生きてないから、何事にも夢中になれないんだ思う。

つぶやき

ネットニュースで『Twitterで◯◯が話題だ。「可愛すぎる」や「微笑ましい」という声が寄せられている』とか『SNSで◯◯の写真が人気だ。「真似してみたい」や「流石ですね」という声が寄せられている』…みたいな記事をよく見るけど、これってニュースなの?

【という声が寄せられている】ってまとめればニュースになるのか…